[OKINAWA TRIP] 南国日焼け対策には○○○をお忘れなく

[OKINAWA TRIP] 南国日焼け対策には○○○をお忘れなく

こんにちは。

沖縄の佐伯チズ認定ビューティシャン登川と申します。

 

この夏のご予定はお決まりですか?

わたくしからは南国バカンスに行かれる際お役立ち!な

紫外線対策情報をお伝えしてまいりたいと思います。

海

 

南国バカンスへ向かう旅の支度をする時に

「日焼け止め」「帽子」「日傘」などを準備する方も多いと思いますが

今回オススメするアイテムは、「保冷剤」です。

 

最初に挙げたモノはすべて、【日差しから守る】ためのアイテムたち。

ですが、日差しの強い南国では、

どれだけ守っても、どうしても焼けてしまう、と思った方が賢明です。

 

ということで、必ず持参したほうがいいのが

焼けてしまった肌を【癒す】アイテムたち。

すなわち、佐伯式でいう「冷ケア」ができるものを用意しておくことがオススメ。

 

○ ○ ○

保冷剤は2つを1セットにして

ハンカチやガーゼなどに包みます。

 

肌のほてりを感じたり

暑かったわ、と感じた時に

そっと頬やこめかみ、首などを冷やしましょう。

○ ○ ○

 

日焼けはヤケド。なので、まずは冷やすこと。

 

ダメージを感じた肌が自分を守ろうとメラニンを出すのですから

小さなダメージでも即座に癒していくことが実はとっても大事です。

 

 

そうそう。

沖縄でサロンをすると決めた時に

佐伯先生が沖縄でやるなら必ずここは丁寧になさいよ!と仰ったのが

「ペルチェ」です。

 

「ペルチェ」とは

佐伯式フェイシャルデコルテトリートメントの仕上げに行う

キュキュッとお肌を引き締めていく冷たいケア。

 

沖縄でトリートメントを受けたお客様は必ず

ペルチェなどの冷ケアのところで

「きもちいいーーー!」と仰います。

app-054934300s1438606340

 

それだけ、沖縄での「冷ケア」は大事で

求められていることなのですね◎

 

 

ペルチェはサロン用の特別なものですが

保冷剤ならどのご家庭にもあると思うので

気軽に取り入れられると思います。

 

もちろん、1日使った後は

フリージングして、また翌日にもお使いくださいね。

 

高いお化粧品に頼らず

あるものを賢く使うこと。

 

どうぞ、旅先のケアでも

賢い紫外線対策をお忘れなく♪

 

 

次回は沖縄でオススメの旅プランと

沖縄県民は絶対にやらないのに観光客の方はよくやってしまう

紫外線をあなどりすぎ!なアブナイ行動について、お伝えする予定です。

 

これを知っておけば

沖縄に限らず、ハワイやタヒチ、セブ島でも

痛い目にあわずに済むかもしれません。

どうぞお楽しみに。

 

 

会員制美肌サロン なかゆくい店主 登川

>>サロンのHPはこちら