お知らせ・コラム:

憩いの場所♪癒しのサロン♡ 2018.04.11 <コラム>

ASKA014

はじめまして。

佐伯チズ認定ビューティシャンの澤田亜寿香(さわだあすか)です。

佐伯チズ先生の美肌塾チャモロジースクールを卒業後、2010年七夕に東京都豊島区・池袋にてプライベート・サロン「ルージュ・ド・ポルテASKA」をオープン致しました。

長かった独身生活に終止符を打ち(主人に大感謝です)、40歳で結婚&出産。

昨年末に東京都板橋区・大山へと新築に伴いサロンを移転し、8年目を迎えております。

3歳の腕白息子の育児に奮闘しつつ、サロン・ワークをさせて頂いている日々です。

さて皆さま、「大山(おおやま)」という場所をご存知ですか?

Oyamasta.

「大山」と言えば、板橋区随一のアーケード商店街「ハッピーロード」が有名です。

happyroad_Oyama

テレビ番組でもよく紹介され、芸能人も多く訪れている昔ながらの商店街です。

happyroad_Oyama2

当サロンは、池袋から東武東上線各駅停車で5分の「大山駅」南口から、ハッピーロードを横目に徒歩で約7分のところにございます。

一軒家のプライベート・サロンに初めて行くのは、ちょっと勇気が要りますよね?

当サロンのお客様はほとんどがリピーターとなってくださっており、2回目以降はお友達の家を訪ねる感じでご来店くださっています♪

「ASKAさんのところに来るとホッとするのよね~♪」

「いつもの風景、いつもの音楽、いつもの香り、いつもの心地よいマッサージ。落ち着くわ~♪」

「はぁ~、やっぱりこのベッドよね~。心地イイ♪」

「この日を楽しみに一ヶ月頑張ってこられました!」

他愛もないおじゃべり。

トリートメント中にかすかに聞こえる寝息。

トリートメント後に変化したお顔にふとこぼれる笑み。

お客様が笑顔で元気に「またね~っ!」と手を振ってくださり、お見送りできること。

などなど・・・

そんな様子やお客様とのコミュニケーションが、私のビューティシャンとしての一番の醍醐味です。

独り暮らしの頃は、私の身を案じて食べ物などを差入れしてくださるお客様も多くいらっしゃいましたよ(笑)

キレイのお手伝いはもちろんのこと、お客様が心を開放し、心身ともにリラックスしてくださることが私は何よりも嬉しいです♡

私自身、アジアンが大好き♡

両親がタイにロング・ステイしていることもあり、雑貨や小物はタイで調達し、アジアン・テイストのサロンにしております。

ASKA012

いつまでもお客様にとっての憩いの場所であり、癒されるアットホームなサロンでありたいと思っておりますので、初めての方も是非お気軽にいらしてくださいね♪

そして、エステ帰りには大山商店街も是非訪れてみてください。

ご来店を心よりお待ち申し上げております。

ASKAサロンの情報はこちらへ

「ルージュ・ド・ポルテASKA」

佐伯チズ サロン ドール マ・ボーテ 茶話会日記 2018.04.08

佐伯チズ サロンドールマ・ボーテ 日記

サロンスタッフ 水野

4月吉日

 

本日はサロンの顧客様を佐伯チズ自宅へお招きしての

🌸茶話会🌸

 

お話のテーマは : 『器と家具』

 

水) : お客様からよく先生の器選びは素晴らしいわ

     さりげなく置いてある家具も素敵だわ~と

             よく言われますので器と家具についてのお話はいかがでしょうか

     桜の器も一挙大公開しましょう‼️

 

先生) :  あら いいわね

           器は素敵なのが沢山あるし皆さんに見ていただきましょう!!

 

 

テーマが無いとね

佐伯先生自由に喋りすぎて

暴走してしまいマシンガントークになってしまうので(笑)

 

 

いつものごとく前日よりスタッフは大忙し

 

そして

器 器 器。。。。。 

割らないか怖いよぉ~(冷汗)

 20180406_185707_719

 

先生もお皿 選びです

う~ん

  IMG_0284

 

あのお皿どこかしら?

IMG_0282

 

ここかしら?

IMG_0285

 

 

私の盛るセンスをよく見てなさい!!

IMG_0267

 

先生さすがです~ いいですね~ (ヨイショ!!)

 

 

先生にお願いしてネームプレートの裏にサインを書いてもらいました

IMG_0254

いつもお越しくださる、顔馴染みのお客様達ですので

皆様の顔を思い浮かべながらの準備は楽しいです♪♪♪

 

お菓子

 

IMG_0236 

先生が大好きなおやつ

スタッフ注意事項:数袋まとめて先生にお渡しするのは禁止!!

         一気に食べてしまいますので一袋づつ様子を見て間隔をあけてからお渡しスル事!!

 

IMG_0238

こちらも上のお菓子同様に先生食べだしたら止まりません!!

スタッフ注意事項:こちらも和洋同様に様子を見ながら一袋づつお渡し

 

IMG_0243

 この季節になるとお出しするサロンの定番お菓子です

 

 

IMG_0262

こちらもサロンお菓子の定番です

 

IMG_0241

かつお節の味がいいですね

スタッフ注意事項:先生が食べすぎていないか時々、部屋を覗きに行く事!!

 

IMG_0234

いつ食べても美味しい

 

IMG_0265

白いちごです

(画像が悪い訳ではありませんよ)

 

IMG_0260

甘い物はホッとしますよね

 

 

 

わかってはいたけど・・・

う~ん

先生 思いっきりテーマ吹っ飛んでる・・・

 

まあ お客様が喜んでくださって

先生も楽しそうですので良しといたしましょう♪♪♪

 _20180407_195740

おぉ~先生楽しそう♪♪♪

 

本当に素敵なお皿が沢山あります!!

 IMG_0247

 

この桜の器はね~

Point Blur_20180408_125431

先生が器の話をしてる

良かった~(涙)

 

普段は食器棚にキレイに飾ってある器達

出番がないのは勿体ないと思っていたので

大変ですが、こうやって見ていただけると何だかとても嬉しいです

(自分の物じゃないのですケド)

 

IMG_0252

 

 

先生はお皿に限らずですが、これはどこで購入しその時はこういう状況でと

一つ一つの物の買った時の事をよく覚えています

 

何気に買ったのではなく、よく考え、吟味されて購入しているからだと思います

だから、使う度にその時の事を想い出し大事に扱うのだと

 

昔を思い出したり

お料理を更に美味しく見せてくれたり

器は深いですね

お腹も心も一杯に満たしてくれる♪♪♪

 

亡くなったご主人が使っていたお皿を先生は今も日常的に使用されています

 

「主人は今でもいつも一緒やねん」

 

先生がよく言うフレーズ

本当ですね

 

「先生と器」をテーマに私がお話できそうです(笑)

 

アレ?先生家具の話は全く無し?

 

まあ、いいか(笑)

 

あ~

お皿片付けないと…

割らないように…(冷汗)

 

そういえば前に先生の自宅で器を割ってしまった事がありました

「割るのはここのスタッフの伝統芸やな~」

と先生の弟さんが笑い飛ばしてくれました

その横で先生は鼻息荒くプンプン怒っていました

「気が緩んどるからや~(怒)」

先生との器の想い出・・・

 

先生 気を引き締めてお片付けいたします!!

IMG_0293

 

次回も諦めずにテーマ考えますよ先生

 

佐伯チズオフィシャルブログ 桜 茶話会

 

2018.03.31

皆様、こんにちわ。
認定ビューティシャンの大宮です。

すっかり春らしい日が増えてきて、
私の住む大阪の桜も満開になりました🌸
皆様の地域はいかがでしょうか?
開花の待ち遠しい地域の方、桜吹雪を楽しまれている地域の方も
いらっしゃるでしょうか?

さて、春は出会いと別れのシーズン言う事で、
前回は言葉との出会いを書かせて頂きました。

今回はモノとの出会いを。

先日、京都へ行ってきました。元々の目的は桜を見に行くことでしたが、
ここでまた新しい出会いがありました。

それは清水寺へ向かう、産寧坂でのこと。

色々なお店が立ち並ぶ中、松栄堂さんと言うお香専門店へ
フラッと立ち寄りました。

店内はホッとする香りでいっぱいで、
香炉も、お香も様々な香りや形があり、
見ているだけでテンションが上がりました(笑)
その中で私の目を惹いたもの。

【塗香】

ん?なんて読む?何これ? とこう?ぬりこう?
見た目も変わっていて、お皿の上に濃さの違う茶色の粉末が…。

側にいたお店の方が、『ずこうって言うんですよ』と
読み方と使い方を教えて下さいました。
いわゆる、体につけるお香だそうです。
僧侶の方は身を清める為に体につけられる事があるそうです。

手に少し取り、全身に擦り込むようにつけるだけだそうです。
体温によって香りが変わるそうで、香水のようですね。

ふんわり柔らかく、甘い香りがし、すぐに虜に(笑)

グレードは3種類。
その中で優しい甘さの香りのモノを購入しました。

塗香入れもあるそうですが、
100円ショップなどの小分けの容器に入れて持ち歩くといいよ。
と教えて頂きました。

まだ使用していませんが、今から楽しみです。

この【塗香】が今回のモノとの出会いでした。

桜をはじめ、色とりどりの花が咲く春。
楽しめる季節は短いですが、紫外線には気をつけながらお楽しみ下さい。

50E667EA-3B1D-4189-8123-253C58B5ADC1

認定ビューティシャン                                                                                     大宮智美

思い出に残るお客様(後編) 2018.03.23 <コラム>

2009_0228エステ0050

私の不器用な説得を気の毒に思ったのか、お母さまは渋々という感じで何とか首を縦に振ってくれました。お嬢様のほうは気が変わらないうちに、という様子でさっと帰られ、残された二人には若干気まずい雰囲気が漂っていたことは、言うまでもありません(>_<)。

ここは気を使ってやたらと話しかけるべきか、あるいは何か普段と違ったサービスをするべきなのか?一瞬迷いましたが、いつもと変わらず普段通りの自分で通すしかないとも思いました。

普段ですと、お客様から話しかけられれば会話することもありますが、施術中は私も手技に集中したいので、ほとんど会話はなくなります。静かな音楽とともに時がゆったりと流れていき、夢と現実の狭間をたゆたう感覚と言ったらいいのでしょうか、そんな特別な時を過ごしていただければ、と考えています。

そんな訳で、ぎこちないというか、気まずいというか、そんな空気もなくはない(..)、状態のままに、施術は始まることとなりました。最初はそれが気になっていましたが、時間が経つにつれていつの間にか私も手技に没頭していきました。

仕上げの頃にはお肌はいつもの事ながらとても良い仕上がりになって、少しでも早くそのお肌を見てもらいたいという気持ちになっていました。はやる気持ちを抑えつつ、リクライニングベッドの背もたれを起こし、すぐにでも鏡で確認してもらおうと準備していたのですが、、、お母さまは起き上がると同時に間髪を入れずにこう言いました。
「次の予約をお願いします。」
私は「え?!」と驚き、(内心ではもちろん狂喜乱舞しておりましたが^^)そこは当然といった体で
「はい、ありがとうございます。」
と、フツーに答えました(^^ゞ。
そしてその日から、引っ越しをするまでの数年間、親子でサロンに通っていただくことになったのです。

人の価値観はそう簡単に変えることなどできない、という思い込みを見事にひっくり返された瞬間でした。そしてまだ経験の浅かった自分に、確かな自信をもたらしてくれた出来事でもありました。
アトリエSOPHIA 村田

 

 

継続は力なり 2018.03.18

はじめまして。
佐伯チズ認定ビューティシャンの大宮と申します。

3月も半ばに入り、私の住む大阪もだいぶ暖かい日が増えてきました。
桜の開花も聞こえてきて、もうすぐ春本番ですね♪

さて、春と言えば、出会いと別れのシーズンでもあります。

今回このコラムのタイトルにした、
【継続は力なり】この言葉に出会ったのは私が小学校5年生の春の事。
もうずいぶんと前のお話しです(笑)

担任が2年持ち上がりだった私の小学校は、5年生で小学校生活最後の担任が発表されるのでした。
1~4年生までは女性の先生でしたが、5・6年生は初めて男性の先生でした。
ちょっと怖そうな、ベートーヴェンのようなヘアースタイルの
決して若くない先生。
でも、とても優しい、野鳥にお詳しい先生でした。

その先生が教えて下さったのが【継続は力なり】と言う言葉。
「継続する事は大切な事であり、それを続けていけば、自分のちからになっていく」
初めて聞いた時からずっと心に残り、小学生の私たちにとても大切な言葉を
教えて下さった先生に、何十年経った今でもとても感謝しています。

そして、先日この言葉を実感する事がありました。
今月までNHK文化センター京都教室で、佐伯先生が直接指導された【美肌塾】
1月からの3回講座でしたが、開講時よりも皆さん、より素敵なお肌になられていました。
コットンの裂き方やお顔への貼り方も上達されていて、続けて頂いていたんだなぁと。
たったの3分でも続けて頂く事で、必ずお肌は答えてくれるのです。
【継続は力なり】この言葉がしっくりきました。

C7508A01-B16C-48D6-AC9B-8991354378B5

私自身も先生のスクールへ通う前は、ニキビ?吹き出物?がよく出ていたり、
真夏の野球観戦でお肌をかなり酷使していました…。

先生に出会い、スクールに通い、毎日ローションパックを続けていたら、
今ではほとんど吹き出物も出なくなりました。
まさに【継続は力なり】です。

そして、今夜も1日頑張ってくれたお肌に感謝と労いの意味を込めて
ローションパックをしてから眠りにつこうと思います。

 

佐伯チズ認定ビューティシャン
大宮 智美

心に残るお客様 2018.03.10 <コラム>

DSCF2469

「私もこのまま帰ります。」
その言葉でその場の雰囲気が一変しました。今までの和やかな空気は一瞬にして吹き飛び、ピンッと張りつめた空気が流れました。私はなんと言葉をかけてよいものやら、状況が理解できないままに、しばらく固まってしまいました。

その日はいつもサロンに通っていただいているお客様が、母の日のプレゼントとしてお母さまを連れていらしたのでした。が、そのお客様が先に支払いを済ませて帰ろうとすると、お母さまが急に「私もそのまま帰る。」と言い出し、頑なに黙り込んでしまったのです。
突然のことで、どう対応したものか、そもそもなぜそのまま帰ろうとしているのか?私の頭の中は混乱して、様々な考えがグルグルと巡り始めました。

エステは初めて、というお母さまにとっての価値観に照らしてみれば、もしかしたら支払われた金額が予想よりも高額に思えたのかもしれません。そしてそれを娘に負担させることが忍びないという気持ちになったのではないか、と、私には推測されたのですが、それを言葉にするのもためらわれました。

はっきりとした形のないものに対する価値をどう受け取るかは人それぞれですし、60年近くを生きてきて形成されたお母さまの価値観を変えることなど、そう簡単なことではない、とも思われたのです。

なので、お母さまの気持ちを考えると、そのまま帰っていただいても構わないとも思いましたが、一方で、せっかくのお母さまへの感謝の気持ちを表す機会が台無しになってしまう娘の側の立場に立つと、それも切ないなあ、と思いました。
というのも、以前、そのお客様がそれまでの親子関係についてや、結婚が決まったことでの気持ちの変化などを、チラッとお話していたことを思い出したからです。きっとこの”母の日のプレゼント”には、いつにも増して特別な意味があるに違いない、と思われたのでした。

普段ならこちらから無理に勧めたところで、その価値観を変えることは難しいと思っているので、めったに言わないセリフなのですが、その時ばかりは私も必死で
「だまされたと思って、体験されてみてはいかがですか?」
などと、まあ陳腐な言葉しか思いつきませんでしたが(汗)、お母さまの説得を試みたのでした。

長くなってしまいました。この続きはまた次回にさせていただきますね。
アトリエSOPHIA  村田

遅ればせながら日傘 2018.02.26 <コラム>

日傘

ラ・ポー・リセの生沼です。

 

長い長い極寒の日々は過ぎ

少しずつ暖かくなってきた福岡です。

 

やまない雨はないですし

どんなに暗く辛い毎日もずっとは続きません。

耐えて耐えて耐えていれば

いつの日か晴れ間が差し込んでくるのです、きっと。

 

連日感動の平昌オリンピックも昨日で閉会式を迎え

現地から熱いレポートを日本国民に届けてくれた

松岡修造さんもようやく帰国するらしく

おかげで春の訪れももうすぐそこ

暗い土の中からつくしの子が顔を出そうかな?どうしようかな?

 

やっと暖かくなってきた!

と嬉しく思ったのもつかの間

紫外線が一気に強くなりました。。。。

 

 

「ダウンを着ているのに日傘はまだ早いかな・・・」

そう思って外にでると

街ゆく女性が日傘をさしている!

そうこうしているとお客様も日傘をさしてご来店!!!

 

 

 

 

福岡の女性は本当に美意識が高いんです。

 

お肌の老化は加齢よりも、太陽光線による「光老化」の影響が8割を占めている、といわれる昨今、

紫外線予防は早ければ早いほど良し!なのです!

 

私、美容に携わる人間ですが

遅ればせながら本日

「2018年、 日傘はじめました。」です。

 

これからは意識高い系美容家として

日々精進していきたい所存でございます。

 

皆様

ダウンを着ていても日傘をさしていきますよ!

 

日傘

 

 

ここは別荘?かな? 2018.02.14 <コラム>

bed

はじめまして。

福岡の「ラ・ポー・リセ」というサロンの生沼留美と申します。

サロンのHP⇒ ラ・ポー・リセ

今回、初めて”コラム”を書くことになりました。

不慣れですがなにとぞお手柔らかによろしくお願いします。

「九州=あったかい」というのはまやかしで

特にここ数週間、福岡は毎日のように小雪が舞ってます。

極寒です。

某極暖インナー無しでは生きていけません。

今回は、とあるお客様から頂いた「あたたかい言葉」について書きたいと思います。

bed

その方は

70代のお客様、もう11年近く、毎月1度、ご来店いただいていています。

サロンの中は勝手知ったる我が家のよう、

手際よくお召し替えを済まされ、チェアーにお座りになられ、一言。

「あ~~~、このチェアー落ち着く~~~、

 この部屋の狭さも落ち着く~~~、

 ここはもう私の別荘です」

何とも嬉しい一言!

いただきました!!

ごちそうさまです!!!

このお客様、

お友達に「お肌綺麗ね。何かしてると?」

とよくたずねられるそう

その時は決まって「な~んもしとらん」

とお答えになるそう・・・

11年もラ・ポー・リセで「佐伯式 フェイシャルデコルテトリートメント」をされているのに!

私としては口コミで広めてほいのですが、おそらく

・広めたくない

・知らせたくない

・自分だけ綺麗になりたい

という、なんとも可愛い女心・・・

そんなお客様が大好きなのです。

この場を借りて

いつもいつもありがとうございます!!!

子宮頸がんワクチン 2018.01.31 <コラム>

what_img_01

こんにちは。

大阪 箕面の佐伯式エステサロンLimaNa(リマーナ)の津田裕己子です。

日本列島を冬将軍が居座っておりますが、皆さまお変わりないでしょうか?

 

突然ですが、子宮頸がんワクチンというと、どういうイメージがありますか?

私は昨年出産したのですが、妊婦健診で産婦人科に通っていました。

その時に待合室に貼ってある、子宮頸がんワクチン接種を勧めるポスターがいつも気になっていました。

なぜかと言いますと、「子宮頸がんワクチンって、危険なワクチンなんじゃないの?」と思っていたからです。

その後、私がイメージしていたのと実際は違うと気づいたのが昨年の12月になってから、あるインターネットTVのニュース番組を見たのがきっかけでした。

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)の安全性を検証する記事を書き続けてきた医師でジャーナリストの村中璃子さんが、イギリスの科学誌「ネイチャー」などが主宰し、公益に資する科学的理解を広めることに貢献した個人に与える、ジョン・マドックス賞という名誉ある賞を日本人で初受賞したと知ったからです。

what_img_01

子宮頸がんは20〜30代の若い女性に最も多く、毎年1万人新たに罹患し、2700人が命を落としています。

つい最近、この子宮頸がん克服を告白した女優さんのニュースもありましたし、有名人も多く罹患されたり亡くなられたりしてとても他人事とは思えません。

この子宮頸がんを運良く検診などで早期発見できたとしても、子宮全摘出や、妊娠しにくくなってしまう部分摘出になります。

将来妊娠したいと思う女性には大変深刻な問題です。

妊娠を希望しない女性も、ガンの転移や再発のリスクに怯えながら生きていかなければなりません。

でもこの厄介な子宮頸がんはワクチン接種と定期的な検診で予防することができるのです。

子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)というのは、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を防ぐもので、日本では小学6年生から高校1年生の女子を対象に公費で打てる定期接種のワクチンです。

しかしこれが誤った情報が広がったために、接種率が70%から今では1%未満にまでに落ちているそうです。

2013年に大手新聞社が、ある女子中学生が子宮頸がんワクチン接種後の身体の不調を訴えたのを記事にしました。

ここから各新聞やテレビ番組で、激しい痙攣や計算ができなくなったなどの症状を訴える少女を取り上げ、ワクチンの副作用を問題視する過度な報道が次々とされたのです。

私もこの時の報道を見て、子宮頸がんワクチンは怖いと思い込んでいました。

身体の不調を訴えた少女は確かにいましたが、ワクチンを接種していない場合でも一定数の患者がいて、ワクチン導入前にも同じような症状の患者がいて、実際にはワクチン接種との因果関係は明らかになっていません。

世界中で有効性と安全性が認められ、高い接種率を保っているこの子宮頸がんワクチンを、日本だけが誤った報道のために接種せずに、助かったはずの命が奪われ続けていくことが残念でなりません。

 

最近は、新聞を読んだりテレビを見たりするだけでは正確な情報を得られなくなっています。

このコラムをご覧の皆さまはインターネットでさまざまな情報を得ていらっしゃると思います。

どうかフェイクニュースに騙されないようにお気をつけくださいませ。

 

佐伯チズ認定ビューティシャン 津田裕己子

LimaNa(リマーナ)

大阪府箕面市彩都粟生南

090-2042-8064

『おしゃれグレー?♪』 2018.01.27 <コラム>

2018-01-26 12.37.13

こんにちは。
東京の佐伯チズ認定ビューティシャン、アラ還の宍戸です。

40才頃から20年程続けていた白髪染めをやめ、
現在は全て自然の髪色にしています。

佐伯チズ先生のように綺麗な白髪でステキに保つ事はなかなか難しい
…と思い、私は70才位までは染めるつもりでおりました。
(私の周りでも70才を目安に考えている方が多いです)

ですが、一昨年あるきっかけで、やめてみようと思いたちました。

それまで生え際や分け目など、伸びた分だけ白く目立つのが、とても気になり
2ヶ月に一回美容院で、その間に2回程自分で染めていました。

全てが自然の色にそろうまでに10ヶ月程かかり、その間は我慢の時期でしたが、
染める手間がなくなった事と、何より伸びてきた白髪を気にするストレスがなくなり、
とても楽になりました。

家族や友人は最初驚いていましたが、今は見慣れてきたようです。

黒髪より白髪が似合う年令(顔)になったんだなとも思います。
(最近は若い人もおしゃれで白やグレーにしていますが…)

無理な若づくりではなく、その時々の自分に合った自分なりのキレイさを、
髪や肌、服装なども含めて考えていきたいと思います。

大阪の箕面 2018.01.15 <コラム>

Exif_JPEG_PICTURE

はじめまして。

大阪の箕面で佐伯式エステサロンをさせていただいております、

LimaNa(リマーナ)の津田裕己子と申します。

箕面(みのお)をご存知ない全国の方々に、今回は箕面を紹介させていただきます。

箕面は大阪の北部(1970年に行われた大阪万博の会場近く)にありまして、大阪の都心からも近く、

緑豊かな自然環境に恵まれた街です。

「緑豊かな自然環境」・・・よく耳にするフレーズですがどんなところかと申しますと・・・

市の3分の2が箕面山で、山の裾野に住宅地や市街地が広がっています。

この箕面山は野生のニホンザルの生息地でもあります。

一年近く前でしょうか「○○さん家の屋根にサルがいた!」

と近所で大騒ぎになったことがありました。

サルが山から下りてくると遭遇してしまうんですね。

これもまた昨年のことですが、初めて近所で熊の目撃情報があり、

テレビのニュースにも取り上げられました。

もちろん、猪の注意情報も回覧板で回ってきます。

・・・というような自然環境です(どんだけ田舎やねん!と突っ込まれそうですが・・・)

この素敵な(笑)自然環境の中には、大阪平野を一望できる露天風呂の天然温泉があります。

(炭酸水素塩泉で「美肌の湯」と言われています!)

紅葉の時期には多くの観光客が訪れる箕面公園、箕面大滝もあります。

Exif_JPEG_PICTURE

箕面はサイクリストのメッカと呼ばれているそうで、最近では市内の至る所でロードバイクを

見かけるようになりました。

美味しいパン屋さんやケーキ屋さんもたくさんあり、サイクリストの休憩場所にもなっています。

ここでおススメのケーキ屋さんをひとつご紹介します。

「デリチュース」という濃厚なチーズケーキが有名なお店です。

誰もがご存知のある有名人の方は大阪に来るたびに買って帰られるそうです。

遠方からいらっしゃる私のサロンのお客様で、来られるたびにこのチーズケーキを

買って帰られる方もいらっしゃるほどです。

箕面まではなかなか買いに行けないという方もご安心ください。

JR大阪駅と新大阪駅で買うことができますので大阪にお越しの際はぜひご賞味ください。

緑豊かな自然いっぱいの街箕面、大阪に来られた際には少し足を延ばしていらっしゃってください。

私のサロンはこの箕面で、南国の小さなリゾートホテルをイメージしております。

都会の喧騒を離れて、心身ともにリフレッシュしにいらっしゃいませんか?

 

2018年 2018.01.06 <コラム>

20180106135812

あけましておめでとうございます

この一年が皆様にとりまして
素晴らしい年となりますよう
心よりお祈り申し上げます

 ☆ ☆ ☆

はじめまして。
東京在住・佐伯チズ認定ビューティシャンの宍戸と申します。

佐伯チズ先生のチャモロジースクールに入学し、初めて美容の勉強をしたのが7年前。
美容や健康について今もまだまだ勉強中の私ですが、年令はアラ還です。

昭和を30年程生き、平成を30年。そして、次は2~30年??

とにもかくにも新しい時代へと続くこの2018年。
私なりに充実した一年に出来るよう『うなはたけ』の肌で、元気に過ごしていこうと思います。

不思議な夢 2017.12.30

17年日の出1

広島のソワンドール多田羅です。

ある常連のお客さまのお話。
いつもはフェイスクレンジングのあたりから
お眠りになられるのですが、
その日はよほどお疲れだったのか、
ポイントメイクのクレンジングから、すでに寝息が…
そのまま、ず〜〜っとお眠りで、
2時間30分後、
「お疲れさまでした」
と、声をおかけして目覚めていただきました。
するとお客様が、あたりをきょろきょろしながら
「あれ?佐伯さんは???あっあれは夢だったのね」
とおっしゃる。
そしてこのあと、
とても不思議体験をお聞きすることになるのです。

お客様
「私ね、夢の中でも、ここでエステ受けてたんだけど…
夢の中では、佐伯さんがずっとあなたの横にいらっしゃっててね、
ここはこうよ、とかいいながらニコニコされていてね」

んんん?なんですとぉ!
ひえぇ〜〜〜〜(私の心の中の叫び)
本当ですかぁ〜〜〜
ど、どういうこと?

あとで、お茶飲みながら詳しくお聞きすると、
夢の中では、
チズ先生が私の横にずっと寄り添ってくださってたんだとか。

「ここにきて3年になるけど、初めてよ、こんな不思議な体験」
とのこと。

う〜〜〜ん。恐るべしチズ先生。
常に小チズたちを見守っていらっしゃるということでしょうか。
なにはともあれ、身の引き締まる不思議なお話でした。

今年もあと一日。
みなさま、よいお年をお迎え下さい。
そして、素敵な初夢を!

佐伯チズ認定ビューティシャン
多田羅郁恵

ルージュ・ド・ポルテ ソワンドール
広島市中区本川町2−1−9川本ビル302
090−7591−7848
http://soin-dor.jp

真っ赤に燃えた一年 2017.12.20

カープ

 

そうです!
我がサロンは、今年セリーグ連覇を成し遂げた
広島東洋カープのお膝元、広島にあります。
とにかく広島県人、カープのこととなると、
誰もが熱く語れます。
「それゆけカープ」の歌は、ほとんどの広島人が
歌詞カードなしに1番は確実に歌えます!
ゆえに、
サロンのお客様との会話もシーズン中は
美容の話よりも、
カープの話で盛り上がります。
でもね、それがとってもいい美容効果をもたらすんです。
生き生きとして、
「誠也がねぇ〜」
とか、
「昨日の菊池のファインプレーすごかったわよね〜」
とか、
「チケットが当たったのよ(カープのチケットはなかなか取れない)」
とか、
みなさん目を輝かせて話されます。
20代ではないですよ、
60歳から80歳の方が、エステ後に、
「今からマツスタ(マツダスタジアムの略)に行くから」
といって、念入りにメイクをし、
真っ赤なカープのユニフォームを来て
サロンを出て行かれます。

サロンは原爆ドーム近くにあり、
マツダスタジアムまで路面電車で15分位。
ちょうどよい距離なんです。
75歳のお客様、3年前からカープにハマり、
最初の頃は黒や茶色などのダークな服装に杖をついて
サロンにいらっしゃっていたのが、
今や、真っ赤なマフラーをし、真っ赤なシューズを履き、
杖なしでご来店。
お客様曰く、
「あのマツスタのカープロード(結構長くきつい坂になっています)
を歩くのに杖なんかついて歩いていたら、先越されちゃうわ!」
と元気一杯!
カープ効果はこんなところにも出ているのですね。

佐伯チズ認定ビューティシャン
多田羅郁恵

ルージュ・ド・ポルテ ソワンドール
広島市中区本川町2−1−9川本ビル302
090−7591−7848
http://soin-dor.jp

晴れやかな気持ちでお帰りいただくこと 2017.12.12 <コラム>

yoshida_toshiko

みなさま、こんにちわ。
千葉県市川市にあるエステサロン「ラ・ベルポー」の吉田です。

ワタクシたち、佐伯式認定ビューティシャンが
各々「お知らせ・コラム」で、美容についてなど、
書いていますが、
身内(ある意味、身内です!)ながら、どのサロンのビューティシャンも
確固たる考えをもち、活躍しているなぁ~と頼もしく思っています。

さて、少しだけ自己紹介いたします。
ラ・ベルポーは、千葉県市川市、JR本八幡駅南口すぐ近くにあります。
迷わなければ、改札をでて30秒で到着!これ、本当ですよ!(^^)!

ラ・ベルポーの日々の目標は、
文字通り、身も心も「晴れやかな気持ちでお帰りいただくこと」です。
「きれい」の解釈は、ビューティシャン(エステティシャン)によって
様々だと思いますが、
自分を「きれい」にすることは、自分をかまってあげることでもあり、
自分を大事にしていることでもあると思っています。

そして、それが小さいことかもしれませんが、
日々の生活の潤いに繋がるものだと考えています。

そしてそして、それが自分への自信につながると
信じています。

お客様に「あーー、エステに行ってよかった~」と
思ってもらえるような仕事を心掛けて、日々奮闘しております!

エステサロンへの敷居は高い方がまだ多いようですが、
一度、行かれてみてください!

冬のスキンケア【基礎編】 2017.11.30 <コラム>

sengan

みなさま こんにちは!
自由が丘の佐伯式フェイシャルサロン
アングレーヌの古屋紀子です。

 

東京も本格的に寒くなってきました。
空気も冷たく乾燥し、お肌も乾く季節ですね。

 

寒いので ついつい
熱めのお湯で顔を洗っていませんか?

 

熱いお湯は肌の潤い成分を流し
乾燥肌を作ってしまいます。

 

湯船のお湯は40℃前後だと思いますが
洗顔に適した温度は40℃では熱すぎます。

 

適温は30℃くらい。

ちょっとヌルいなぁ~位がちょうど良いです。

 

お風呂のシャワーでついでに洗顔を…
もNGですよ!

毎日の積み重ねで毛穴が下がり、たるみを作ってしまいます。

 

高価な化粧品に買い替えようかナ
と思うその前に…

スキンケアを見直してみましょう♪

ちょっとしたことで1年後の肌に差がつきます。

 

冬のスキンケア【基礎編】でした~。

 

アングレーヌ 
オーナー 古屋 紀子
ホームページはこちらです^-^♪

佐伯チズ先生の金言 2017.11.18 <コラム>

仕上げ

こんにちは。

札幌の佐伯式サロン ヴィーナスムーン

笹森 麻子と申します。

札幌では、ついに市街地でも雪が積もりました。

季節は、着々と冬へと向かっております。

 

さて、前回のコラムで

「ローションパックで肌が変わりました!」

とお伝えいたしましたが、

肌トラブルが全く起こらなくなったかというと

残念ながらそんなことはありません。

 

「肌は内臓の鏡」

内臓のトラブルや栄養不足など、内臓の異常が

肌にも影響を与えることを意味する言葉

 

「皮脳同根」

皮膚と脳は同じルーツを持つため、

密接につながっている事を意味する言葉

 

このような言葉があるように

・食生活の乱れ

・生活習慣の乱れ

・体調の変化

・ストレス

また、気候の変化などの外的要因も

肌には様々な影響を与え、

突然肌トラブルが発生することもあります。

そして肌にトラブルが起こると、やはり気持ちが沈みます…。

 

そんな時に思い出す、佐伯チズ先生の言葉があります。

それは「生きている証拠」です。

 

いつも美肌の佐伯チズ先生が

「私だって吹き出物ができることもあるわよ。

でもね、それは生きている証拠!」

佐伯先生でもそんなことが?

「そうよ、ロボットじゃないんだから」

 

スクールに通っていた時に

佐伯チズ先生がおっしゃった言葉です。

前向きになれる言葉だと思いませんか?

 

肌のトラブルは気になるものです。

ですが、気にすることでまたストレスが生まれ、

治るものも治らなくなる

そんなこともあると思うのです。

 

トラブルの原因を改善に、肌の機能が正常になると

必ずキレイな肌が生まれてきます。

肌のトラブルで気持ちが沈んだ時は、思い出してみて下さいね。

もちろん、サロンへのご相談もお待ちいたしております。

 

ちなみに、佐伯チズ先生のストレス解消法は、

「身体のストレスは寝て治し、心のストレスは笑って治す」

だそうです。

 

秋~冬にかけての季節の変わり目であるこの時期は

肌の乾燥によるトラブルが起こりやすくなります。

「生きている証拠!」とは言え

ローションパックで肌にうるおいを与え、

トラブルの芽を摘みましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

佐伯式サロン ヴィーナスムーン

佐伯チズ認定ビューティシャン

笹森 麻子

キレイでいるための5つのこと。 2017.11.09 <コラム>

kogao2_menu

こんにちは!
東京・自由が丘のフェイシャルサロン
アングレーヌの古屋紀子と申します。

サロンを開業して4年目になります。

私自身、40歳を過ぎた頃から
身体や肌の変化に戸惑い、悩みました。

このまま老け込むのは嫌! 人生は長い! まだまだ楽しみたい!

そう思うのは私だけではないはずです。

健康的でツヤのある肌は人に安心感を与えます。
キレイでいることは周りを幸せにします。
何より自分に自信が持てて毎日が楽しくなります!

佐伯式エステは大人の女性のキレイをサポートする究極のオールハンドトリートメント。
このコラムをお読み頂いている女性の方にも是非一度お試し頂きたいフェイシャルエステです。

通い始めると皆さんどんどんキレイになって
表情も活き活きと、ツヤとハリ、透明感、弾力…
取り戻す方が沢山いらっしゃいます。

エステってすごいでしょ?
と言いたいところですが…

実はそれだけではありません。

美容に興味を持ったその日から 「意識」が変わります。
今までいい加減だったスキンケアを変えてみたり、食べるものや習慣を見直したり
そんな毎日の積み重ねが「キレイ」を作ります。

・意識を持つこと。
・食べること。
・よく噛むこと。
・両手を使うこと。
・続けること。

佐伯先生が提唱する、美しくなるために大切な5つのこと。

変化する自分に気付けたら、毎日が本当に楽しくなりますよ♪

是非お近くの認定ビューティシャンにご相談下さいね。

自由が丘のフェイシャルサロン
アングレーヌ オーナー 古屋 紀子
ホームページはこちらです^-^♪

南相馬市で講演会 2017.11.07 <コラム>

南相馬

こんにちは
奈良市の「エステティックサロン花」の仲谷富美子です。

先月のことになりますが、10月12日に佐伯先生は東日本大震災復興支援の一環として
福島県南相馬市にて講演をされ、名古屋の髙原さんと共にご一緒させていただきました。

電車や車の窓から見た福島はとても豊かな日本の原風景が広がっていますが、
除染のため取り除かれた土が山間部に積まれているのを見ると心が痛みます。

当日の講演会には予定定員の倍以上、100名以上の方がお越しくださいました。
震災から6年半経ち、徐々に落ち着きを取り戻しつつある今、これからは前を向いて歩いて
行きたいという気持ちが出始めていると市のスタッフの女性がおっしゃっていましたが、
その気持ちを後押しする力が美容にはあると思います。

「キレイになりたい!」という想いを持って会場に来てくださった皆さん、
佐伯先生の話を目を輝かせて聴いていらっしゃいました。

今回はローションパックのデモをしましたので、当日の夜はきっと多くの方がお家で
ローションパックをされたのではないでしょうか。

南相馬 

 

時が経つにつれメディアでの取り上げやボランティアの数も減っている中、
佐伯先生のように忘れずに訪れてくれることが嬉しいというお声も聞きました。
知ることと忘れないことはとても大切なことですね。

南相馬市の皆様、ありがとうございました。

 

エステティックサロン花 仲谷富美子
奈良市油阪町1-8+ フレアコート奈良608
℡ 090-7871-3089

ローションパックで人生が変わりました 2017.11.02 <コラム>

ローションパック

はじめまして。

札幌の佐伯式サロン ヴィーナスムーン

笹森 麻子と申します。

 

「人生が変わる」だなんて、大げさなタイトルですが、

私が「ローションパック」と出会ったのは、十数年前。

佐伯チズ先生の代表的な著書「美肌革命」が発売となり、

多くのメディアで、「ローションパック」が取り上げられていた頃。

 

その頃の私は、美容とは180度違う仕事に就いており、

仕事柄、長時間勤務や、休日出勤も多く、食事や睡眠の時間も不規則。

もともと、肌に不調が出やすい体質だったこともあり、

次第に肌荒れに悩まされるように…

そんな日々が数年続いていました。

 

肌荒れを気にするあまり、良さそうな化粧品を見つけては替るを繰り返し、

何を使って良いのが分からなくなり、化粧品ジプシー状態。

その頃定番となりつつあった「オイルクレンジング」も使うようになり、

そうなると、もう負のループに突入です!

 

冬には粉が吹くほど乾燥肌だったはずの肌は、脂っぽくなり、

洗い方が悪いのかと、一生懸命ゴシゴシ洗い、

頬は乾燥するのに、Tゾーンはテカテカ。

吹き出物を繰り返し、肌には赤みが残るようになり、

気にしてやればやるほど、全てが悪い方向に。

 

今考えると、完全に「やり過ぎ」です。

肌を自分で痛めてしまっていました。

 

そんな時に、出会ったのが「ローションパック」です。

 

とにかく肌を改善したい!

ただその想いで毎日ローションパックをし、

佐伯チズ先生の本を読み、オイルクレンジングもやめました。

 

すると、どうでしょう!

徐々に肌のテカリが収まり、乾燥や吹き出物も

改善していくではありませんか!!

本当に驚きました。

 

それから私は、美容に関心を持つようになり、

いつしか学びたいと考えるようになりました。

色々と調べているうちに、佐伯チズ先生がプロを養成するスクールを

開校されていることを知り、スクールに入学し、現在に至ります。

 

あの時、ローションパックに出会わなければ、

今の私は存在しません。

まさに「ローションパック」で人生が変わりました。

 

佐伯チズ先生のスクールを卒業して、丸十年が経ちました。

まさか、自分が美容の仕事に携わる事になるとは、

人生何がきっかけになるか、わからないものだと、つくづく感じます。

 

美容は、生活の必需品ではないかもしれませんが、

気持ちに元気や、うるおいを与えてくれるものだと思います。

佐伯式スキンケアや、佐伯式エステが

みなさまの何かのきっかけになると嬉しいです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

これまでの様々な出会いに感謝し、初心を忘れず頑張ってまいります。

 

佐伯式サロン ヴィーナスムーン

佐伯チズ認定ビューティシャン

笹森 麻子

福岡でのお仕事 2017.10.23 <コラム>

イベントトークショー

福岡の北九州で佐伯式Salon
ラボーテヴィラージュをさせて頂いております
中島です(^^)

めっきり寒くなりまして福岡もお鍋が恋しい季節となりました

皆様、お風邪など引かれていませんか?
お大事にされてくださいね♥

最近、佐伯先生は福岡のお仕事が多く

月に一度は福岡にいらしています

先日もイベントトークショー、ももち浜ストア夕方版出演

先生は福岡大好きなんです♥

必ず福岡空港では、おうどんを召し上がります!
うどん大好き

明太子も大好きです

先生の明太子パスタは絶品!!!

今月は26日ももち浜ストア夕方版に出演予定ですので皆様(^^)福岡の方はご覧くださいませ?

最近私の一番嬉しかったことは

先生に貴方、肌きれいね!

この調子で頑張んなさいと、、、
言われたことが
凄く♥
嬉しかったです

ローションパックを頑張ってきて良かった!

先生のお側でお仕事させて頂いていつもお勉強になることばかり。
パワーを頂いております(^^)

福岡の皆様

先生を空港、街中で見かけた時はお声を掛けてくださいね♥

皆様にお会い出来ることを楽しみにしております(^^)

秋と言えば…。 2017.10.17 <コラム>

DAIDOGEI2

こんにちは。
静岡のサロン ド ラ ヴルテの浜尾晴子でございます。

秋もいつしか深まってまいりました。
秋と言えば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋…と様々ございますね。

私は、秋の味覚、栗が大好きなので、スイーツを買って来ました。
静岡市内にも美味しいスイーツのお店が、沢山ありますが、その中に、パティシエを目指して、専門学校で学んでいる生徒さん達の作るケーキが、週三日だけ、Lilium(リリウム)で販売されています。
今回は、和栗のモンブランとシューアラクレームにしました。
お味も勿論ですが、ケーキの中に、夢と希望がいっぱい詰まっていて、感動と元気をもらいます。

スイーツ

 

読書と言えば、先日、ノーベル文学賞を受賞されました、カズオ・イシグロ氏の本が、店頭に並んでいたので、一冊手に取りました。
受賞されなければ、読むことはなかったかもしれないので、新しい出会いに感謝です。

 

そして、今、芸術で思い浮かぶのは、大道芸ワールドカップin静岡です。
今年で、26年目になりますが、最初は「人の集まるまちづくり」をコンセプトに、市民参加型のイベントでした。
それが、今では、世界中のパフォーマーが集まり、県外からのお客様もいらっしゃって、少し恥ずかしがり屋の市民も、クラウンに扮して、大道芸を盛り上げます。
今年も、感動と笑顔にあふれるのが、楽しみです。

DAIDOGEI

 

「継続は力なり」、染み染みとこの言葉を心の中で、つぶやきます。

私も、これからも、佐伯先生より御教授いただきました、お手入れを続けてまいりたいと存じます。

皆様も、それぞれの秋をお楽しみ下さいませ。

ありがとうございました。

チズ先生の地域貢献活動✨ 2017.10.08 <コラム>

1507022254272

こんにちは(^^)

福岡県北九州市小倉北区ラボーテヴィラージュの中島里美でございます✨

Salonを始めて来年で10周年を迎えます

小倉井筒屋さんの直ぐ近くで、お陰様でたくさんの出逢い、ご縁を頂き感謝しております

昨年、今年、井筒屋さんでイベントのお仕事をさせていただいております(^^)

 20170510_132052

最近はまた、ご縁をいただきましてエミューという鳥
皆様ご存知ですか?
オーストラリアではアボリジニの万能薬としても歴史のある生活の中でとても一般的なエミューオイル
人間の皮脂に最も近い配合バランスを持っているため馬油やプラセンタよりもずっと浸透力に優れています

そんなエミューオイルを使って化粧品のプロデュースをチズ先生は依頼され
ついに完成!!
致しました

 エミューオイル配合化粧品

 

ひとりでも多くの女性をきれいにしてさしあげたい
その思いを胸に美容業界に入って55年
ローションパックを続けて下さった方へのご褒美コスメ✨

ぜひ皆様
その効果を実感してみてくださいませ
 1507022254272

お買い求めは佐伯チズ公式オンラインショップ
電話☏052-746-5400

10月1日から発売しております(^^)

ラボーテヴィラージュ
福岡県北九州市小倉北区船場町3-5 5F
電話☏093-531-3103

お月見と団子とお茶 2017.10.01 <コラム>

中秋の名月

こんにちは。
静岡のサロン ド ラ ヴルテの浜尾晴子と申します。

まもなく、中秋の名月ですね。今年は10月4日(水)とか。
今年も、お月見団子と緑茶をいただきながら、お月見を楽しむつもりです。

お茶と言えば、今年7月、静岡県では、ちょっとした騒動がございました。
静岡県が、1956年より施行してまいりました、「製茶指導取締条例」の廃止の方針を打ち出したのです。
「製茶指導取締条例」とは、うま味成分の添加や発色剤の使用を禁じ、香り付けのための花や果実などを混ぜたり、慶事用に金箔を混入したりする際は、県知事の許可が必要との規定で、違反した場合には、立入検査や罰則が科せられます。

茶商業者や流通業者は、商品開発等、静岡茶の普及、拡大のために賛成、生産者、製茶問屋、消費者は、主に反対で、結局、反対意見が8割程で、県知事が、廃止の方針を取り止めました。

私もホッとした一人です。勿論、良いこともあると思いますが、逆に、添加物を加えれば、二番茶でも、一番茶並みの味になるそうですし、鮮やかな色にもなるそうです。

子供の頃から、慣れ親しんだ静岡茶、新茶だけを味わう時、お客様にお出しするお茶、食事の時のお茶、和菓子と一緒にいただくお茶とシーンによってそれぞれ違うのです。
特別な日とそうでない日、それがまた、楽しいのです。

世の中には、変わりゆくもの、変わらないもの、変わらざるを得ないもの、変わってほしくないもの、いろいろありますが、私も、佐伯先生より教えていただいた、お心と技術をこれからも変えることなく、お客様に喜んでいただくために、お手入れをさせていただきます。

皆様も、機会がありましたら、静岡茶を召し上がってみて下さいませ。

今年のお月見は、美味しいお団子とお茶をいただけることに感謝しながら、そして、今まで、出逢えた大切な方々を想い、今ある幸せに感謝しながら、過ごすことに致します。

ありがとうございました。

🌻パプリカ🌻 2017.09.25 <コラム>

_20170925_215800

皆様🎵お元気でお過ごしですか?
埼玉のサロンド・HARU治茂美です。

突然ですが、スーパー等で売られているパプリカには赤*黄色*オレンジと種類がありますが、
色によって栄養価に違いがある事をご存知ですか?

私は、最近知ったのでご紹介させていただきます。

💗赤のパプリカ💗
 美容成分や老化防止に効くと言われている抗酸化物質のカプサイシンが多く含まれている。
 冷え性の人に良い作用ある。

💗黄色いパプリカ💗
シミ・ソバカスを防ぐ美容必須成分ビタミンCを多く含む。
肌年齢の老化を防ぐルテインも多く含む。

💗オレンジのパプリカ💗
赤と黄色の両方の成分をバランス良く含む。

栄養は、
※βカロテンがピーマンの2倍
※ビタミンCは、ピーマンの3倍
※ビタミンEも含まれている。

夏の強い日差しにさらされお肌が少し弱ってきたこの時期に❇❇❇

お肌に必要なビタミンCをとろうかな~と思った時はレモンやキューイより沢山とれる
パプリカをとってみてはいかがでしょうか?

是非、参考にしてみて下さい。